出会いの印象をキープすることの大切さ

彼との出会いの場所は、アルバイト先です。
出会いの印象は、あまり笑わなくてクール、やんちゃで強そう、でも話していて楽しいというものです。
休憩時間が一緒になれば、2人の会話が途切れることがありません。
男らしい見た目にもひかれ、少し意識するようになってきました。
やがて仲良くなってくると、彼は私に意地悪をしてくるようになりました。
職場で使う私のエプロンを隠したり、軽い体当たりをしてきたり、という具合です。
やんちゃな彼から攻撃されるたび、ときめきを感じるようになっていました。
ある時、彼から告白されました。
言われたときは本当にうれしかったです。
いたずら好きで男らしい彼に毎日ドキドキしていくことを想像し、心が弾みました。
しかし出会いの時の彼と付き合ってからの彼は、まったく違う人のようでした。
とにかく私に優しいのです。
ことあるごとに私をかわいいと言い、ことあるごとに私をたててくれます。
付き合う前だったら、ののしって、からかってとしたはずで、そこに私はドキドキしていたのです。
残念に思いました。
また出会いの頃は、しっかりと自分の意思を持って人生プランを計画的に考えているような印象がありました。
しかしこれもふたを開けると違っていました。
当時大学4年生だったのですが就職活動は一切せず、彼は俳優を目指していました。
それはまだいいとして、オーディションを受けるなどの具体的な努力や活動は一切していませんでした。
ただ自分の開設したブログを更新して、口コミで自分の知名度を上げようとしていました。
それで「いつか有名になって君に楽をさせてあげるからね。
」というのです。
あきれてしまいました。
出会いの印象と実際の印象がかけ離れすぎて、私は彼に好感を持てなくなっていました。
「ギャップが大切」という人もいますが、私は互いに出会いの印象をそのまま保ち続けることが長続きの為に大切なことだと考えます。

関連する記事はこちら
トラックバックURL